すみっコぐらし

すみっコぐらし映画「青い月夜のまほうのコ」ネタバレなしレビュー

こんにちは、姿焼です。

すみっコぐらしの新作映画「青い月夜のまほうのコ」を観てきたのでレビューをさせて頂きます。
楽しみにされている方の為に、ネタバレなしで書いていきますので、よろしくお願いいたします。

観ようかな?と迷っている方、もう観たよって方、色んな方に観て頂ければと思っております。

オススメなの?

総評として「オススメ」です。

子供の映画と思われるでしょうが、ストーリーの構成やテーマ等もしっかり作り込まれております。
感動するシーンもあり、クスッと思わず笑えるシーンもあり、本当に楽しんで観られる作品だと感じました。

子供だけでなく大人の方にも是非とも観て頂きたいですね。

観た後は心が暖まる、優しい気持ちになること間違いなしです。

ストーリー

※公式で事前発表の導入ストーリーベースなので、内容に触れるものではありません。ご安心ください。

「5年に1度おとずれる、青い大満月の夜。
魔法使いたちが町にやってきて、夢を叶えてくれる」

https://sumikkogurashi-movie.com/story
Asmik Ace -「映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」特報(60秒)より
Asmik Ace -「映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」特報(30秒)より

そんな伝説を信じて待っているすみっコ達。
そこへ舞い降りてきたのは魔法使いの5人兄弟。

わん、つー、すりー、ふぉー。
そして、今作のメインキャラクター「ふぁいぶ」。

魔法使い達は、町中に魔法をかけキラキラに彩っていきます。
そんな魔法使い達を追いかけて、町はずれの森の中へ向かうすみっコ達。

そこで見たのは、魔法使い達のナイトパーティー!
いつの間にか仲良くなって、楽しい夜を過ごします。

でも楽しい時間も終わりに近づき、魔法使い達も月へ帰る時間に。
「ばいばーい」なんて言ってたら、魔法使い達と帰ったのは「たぴおか」!?

末っ子のふぁいぶは置いてけぼりに・・・

そんな導入ではじまる本作。
一体どんな物語になるのでしょうか?

テーマは「夢」

Asmik Ace -「映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」特報(60秒)より

本作のテーマは「夢」だと思います。

誰だって「こうなりたい」「こうあって欲しい」と言う夢や願いを持っているものです。
そういった「夢」の大切さ尊さを描いた作品でした。

すみっコ達も、可愛らしくも何処か切ない夢や理想を持っております。

「夢」は叶えるものです。
しかし、夢を叶える為に頑張って、悩んで、考えて、間違って・・・

それらも全部夢の一部だと思います。
そんな「夢」の大切さをすみっコ達が教えてくれるはずです。

「自分の夢ってなんだったっけ?」なんて考えながら観るのもいいかも知れませんね。

大人も楽しめる?

子供は勿論ですが、大人も十分に楽しめます

「感動する」「可愛い」と言うのもありますが、私としては「考えさせられる」作品だと思います。
子供の時には深く考えもしない様な事、大人になってからこそ考える事。
そんな事を改めて考え、気づかされる作品です。

大人になって経験する色んな事。
大人になって忘れてしまう夢や理想。

可愛い中にも奥深いストーリー性を感じました。

ちょっと言い過ぎかもしれませんが、どこか哲学的な部分もあるような気がしております。

とは言っても「映画館に大人だけですみっコぐらしを見に行くのは・・・」
なんて思ってませんか?

安心してください。
今や子供だけでなく大人にも人気のすみっコぐらしです。
私は、妻と娘と3人で行きましたが、思ったより大人だけで来られている方がたくさんいました。

更に、今作はすみっコぐらしだけでなく「主題歌」の影響で来られている方もいます。

なので、是非とも大人だけでも気になさらず、よりたくさんの人に楽しんで頂きたいと思います。

見どころ

Asmik Ace -「映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」特報(30秒)より

本作の見どころはすみっコ達の「優しさ」、そして「可愛さ」だと思います。

やはり、すみっコぐらしと言えばその可愛さが売りだと思います。
本作でもその「可愛さ」がめいいっぱい至る所に散りばめられております。

すみっコ達も魔法使い達も、仕草と言い、やることなすこと全てが可愛くて仕方ありませんね。
所々に出てくる吹き出しも可愛さを一層引き立てております。

また、すみっコ達の「優しさ」。
これは見どころであり、ストーリーを構成する重要な要素だと思います。

大切な仲間や友達を思う気持ち。

思わず「頑張れ!」って応援したくなる様な、すみっコ達の健気な姿が頭から離れません。

他にもたくさんの見所はありますが、すみっコ達の可愛さ、そして優しさに注目です!

主題歌にも注目!

本作の映画の主題歌「Small World」を唄っているのは、BUMP OF CHICKENです。

BUMP OF CHICKEN アーティスト写真
Small World -BUMP OF CHICKEN- ジャケット

学生の頃からBUMPが好きだった私は感動しました。

私の好きなBUMPと、娘の好きなすみっコぐらし、こんな形で巡り会うとは…

彼らの唄も1つの目的として劇場に来られる方もいらっしゃると思います。

注目すべきは、歌詞ですね。曲そのものを取っても本当に素敵です。
しかし、映画を観た後にじっくり聴くと、映画の情景も相まって尚更心にグッときます。

私は何日か経った今でも、エンドロールで流れた瞬間を思い出してウルっと来てしまいます。

この唄の中で特に印象的な部分を抜粋させて頂きます。

叶わないままの夢はどんな光より綺麗で

変われないのに変わりたいままだから苦しくて

Small World -BUMP OF CHICKEN-

彼等がゲームやアニメーション、ドラマと言ったものに提供する曲は、本当にその作品を自分の中に取り込んでから作っているなぁと感じます。

今回の「Small World」も一緒で、聴く度に映画を思い出してしまいます。

ラストシーンにはすみっコ好きがグッとくるサプライズも?

詳しくは、映画を最後まで観て頂いた時のお楽しみです。

ほんの少しですが、グッとくる様なサプライズが待っております。是非、最後の最後まで観て下さい!

まとめ

今回は、すみっコぐらしの新作映画「すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」のレビューを書かせて頂きました。

最初から最後まで可愛い尽くしの作品になっております。
心が暖まる、どこか切ないそんなお話。
子供も大人も楽しめるそんな映画です。

多くの方に観て頂けると幸いです。

皆様もすみっコ達と魔法にかけられてみては?

-すみっコぐらし

© 2022 姿焼ブログ Powered by AFFINGER5